北条早雲―理想郷を夢見た風雲児

北条早雲―理想郷を夢見た風雲児 (PHP文庫)
PHP研究所
発売日:1996-10
ランキング:532091
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 大器晩成・北条五代に渡る理想郷の始祖


内容(「BOOK」データベースより)
「新九郎(早雲)どの、京でも立派に頭角を現わせるものを、なぜ駿河に恋々となさるのか?」

「京には夢がない。あるのは過去の形骸だけ。関東は未開の地。わしの入り込める余地は十分にある。血がうずくのだ」。

―将軍の申次衆という要職にありながら、突如野に下り、東国に新天地を目指した北条早雲。訪れた転機に人生のすべてを賭し、己れの夢を実現させた戦国武将の生涯。 amazonより。
at 16:43 | 北条早雲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。