真田幸村―真田戦記

出版社/著者からの内容紹介
amazonより

戦国乱世を智略と機略で生き抜いた真田戦記!!
各家系譜・天王寺岡山戦図・道明寺戦図・真田家関連年表付き

戦国時代、関東の雄(ゆう)・信州上田の豪族真田家は、徳川勢や北条勢と日夜抗争を繰り返していた。

豊臣秀吉没後の天下は、秀頼を奉じた石田三成と家康の覇権争いとなる。

天下分け目の関ヶ原の役に真田一族は、父昌幸と次男の幸村が西方へ、長男信幸が東方へと袂(たもと)を分かつ。

一敗地にまみれた父子は、紀州へ配流蟄居(はいるちっきょ)の憂き目を見たが、再び大坂冬・夏の陣へと出陣……。

戦乱にあけくれる世の中に家名を残す智略と機略、そして忍びの者・真田十勇士の活躍を織りまぜて描く歴史巨編《真田戦記》、今、蘇る!

真田幸村―真田戦記 (講談社漫画文庫)
講談社
発売日:1998-11
ランキング:125245
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 サムライらしい真田幸村
おすすめ度4 真田幸村をダイジェストで楽しむ本



「真田氏はなぜ忍者戦法が得意巧妙だったのであろうか。それは、真田氏発祥の地・真田郷が上信国境の山間部にあり、わが国有数の修験道場榛名山、白根山をひかえ、多くの山伏修験者が家来であったこと、ここに意味がある。山伏修験道は開祖・役行者(えんのぎょうじゃ)が忍術の始祖の1人として挙げられていることからもわかるように、忍術の源の1つである。そうした山伏修験者を多く抱えた真田氏に、特有な山岳ゲリラ戦術が育まれたのも当然といってよいだろう」
(原作者「真田幸村とその周辺」より一部抜粋)
at 08:52 | 真田幸村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。