戦国の魁 早雲と北条一族

戦国の魁早雲と北条一族―北条五代百年の興亡の軌跡 (別冊歴史読本 (16))
新人物往来社
発売日:2005-06
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:145372
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 一家に一冊(神奈川県人だけでもね)


内容(「MARC」データベースより)
戦国下克上の世を駆け抜けた早雲の生涯とその一族のドラマ。北条五代百年の興亡の軌跡をたどる。

北条早雲誕生の地、北条の四大合戦古戦場、北条一族とその家臣、などを豊富な写真と図で構成。
at 16:29 | 北条早雲

北条早雲―理想郷を夢見た風雲児

北条早雲―理想郷を夢見た風雲児 (PHP文庫)
PHP研究所
発売日:1996-10
ランキング:532091
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 大器晩成・北条五代に渡る理想郷の始祖


内容(「BOOK」データベースより)
「新九郎(早雲)どの、京でも立派に頭角を現わせるものを、なぜ駿河に恋々となさるのか?」

「京には夢がない。あるのは過去の形骸だけ。関東は未開の地。わしの入り込める余地は十分にある。血がうずくのだ」。

―将軍の申次衆という要職にありながら、突如野に下り、東国に新天地を目指した北条早雲。訪れた転機に人生のすべてを賭し、己れの夢を実現させた戦国武将の生涯。 amazonより。
at 16:43 | 北条早雲

北条早雲

北条早雲 (学研M文庫)
学習研究社
発売日:2002-11
ランキング:513945


内容(「BOOK」データベースより)
amazon引用

北条早雲は晩年に覇権争いに登場したにもかかわらず、禅修行で修得した兵法により頭角を現し大名にのしあがった。

今川に信頼され、上杉・三浦らと闘いながら伊豆と相模を制定した早雲の真の志は、「関八州」を掌握することだった…。名策士ぶりを発揮し、初の戦国大名とまでいわれた早雲の激動の生涯を描く、著者渾身の書き下ろし。
at 16:46 | 北条早雲

謀将 北条早雲



出版社 / 著者からの内容紹介
戦国の幕をあけた梟雄! 己の可能性に賭けた男。

最愛の姉・千冬が嫁いだ駿河の守護大名・今川義忠が急死した。幼い世継ぎを抱えた姉の窮地を救うべく、伊勢新九郎、のちの北条早雲は、一路駿河へと下る。

お家乗っ取りを画策する重臣・小鹿範満との対決の行方は!?
at 16:34 | 北条早雲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。