『滝川一益』 徳永 真一郎 (著)

滝川一益―信長四天王の雄、波乱の生涯(PHP文庫)

徳永 真一郎 (著)

滝川一益―信長四天王の雄、波乱の生涯 (PHP文庫)
PHP研究所
発売日:1993-01
ランキング:527516
おすすめ度:1.0
おすすめ度1 羊頭狗肉


内容(「BOOK」データベースより)
織田信長の時代、国家の政権は四人の手に握られていた。柴田勝家、羽柴秀吉、丹羽長秀、そして滝川一益である。

なかでも一益はひときわ武勇にすぐれ、関東の人々は滝川という名を聞いただけで恐れおののいたという。得意の鉄砲で武田軍を壊滅させ、勢いに乗る一益、しかし本能寺の変が彼の人生を狂わせ始めた…。

晩年は出家の道に入り、越前で波乱の生涯を閉じた悲運の猛将の全貌。
at 09:59 | 滝川一益
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。